読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Parisの隣から

フランスでの日々のこと

フランス語は話せなくても

ここフランスでは

基本的な挨拶をするかしないかで

その人の第一印象が左右されてしまうといっても過言ではない

その挨拶の中で

一番重要なのが

「ボンジュール(こんにちは)」

これを言うか言わないかで

フランス人の態度が圧倒的に違う

これホント

フランスに旅行に行った人の感想でよく耳にするのが

フランス人は英語を喋ってくれない

道を聞いても教えてくれなかった

お店の人が親切ではない

これら全ての事例の80%くらいは多分

「ボンジュール」を言い忘れたか言わなかった為と推測

去年の話だけど

夫が出張でパリに行った時

東駅で迷い

駅員さんらしき人にホームはどこか?と聞いた際

物凄く不機嫌そうに早口で教えてくれたらしいが、フランス語だから夫には理解不能

旅行者相手にそんな不機嫌にならんでもいいじゃないか!

と、フランス語は話せないので心で叫んだらしいが

後でよくよく考えたら

「ボンジュール」って言わなかった事を思い出したとか

納得

日本人の感覚だと

人に何かを尋ねる時は

「すみませんが」で話しかけるけど

フランスで、「エクスキュゼモア?(英語のエクスキューズミー?の感覚で)」と最初に言ってはいけません

必ず

「ボンジュール」から始めるべし

「ボンジュール」と言ったあと、会話が出来ないから言ってもしょうがない

なんて思うと

寂しい結果になるよ(笑)

買い物をする時のレジ係にも必ず
にっこり笑って「ボンジュール」を忘れずに!

もしその人が英語が話せる人だった場合、ほぼ100%の確率で英語を話してくれるはず(都市部だけかもしれないが)

ボンジュールを言い忘れると、英語で対応して貰えない可能性大
いや、大袈裟じゃなくてホントに

そして最後は

「メルシー(ありがとう)」または
「メルシー ボクゥ(本当にありがとう)」
と言い
「オーボワ(さようなら)」

で〆る

フランスに来てから4ヶ月経っているが

この3つの言葉を言わない日はない

というより

言い換えると

Bonjour!(ボンジュール)
Merci!(メルシー)
Au revoir!(オーボワ)

この3つだけで

とりあえず生活できる事実

フランス人の知り合いが出来たら

他のフランス語も必要になるが

とりあえずはこれでオーケーという事にする

因みに

フランス語の勉強はしているさ

でもアラフィフの頭には

なかなかスッと入ってこないのでね

とにかく!

フランス語が話せなくても
「ボンジュール!」よ!

f:id:BrandyandWine:20160901175106j:plain
雨の日のパリ

パリに行ってボンジュール!って言ってみたい方もそうでない方もクリックお願いします♪



人気ブログランキングへ